プロフィール

damesala

Author:damesala
父:45歳→49歳→51歳、ヴァイオリン歴12年、レッスンは週1→辞めました→復活しました
息子:13歳→15歳、ヴァイオリン歴12年、娘:12歳、ヴァイオリン歴9年レッスンは週1
ヴァイオリン、子育て、そして勉強。
練習しない、勉強しない、いうこときかない。
でもその方がいい。順調はつまらない。ブログのねたにするよ。
自分も仕事にかまけて練習さぼり気味。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
[報告]本日のレッスン(父)
発表会に向けての練習です。

きょうも、音が弱い点について修正が入りました。

ボォウイングと左手の指の強さは少し同期する。

自信がないのでどうしてもボーイングが弱くなる。
 ↓
弦を押える指も弱くなる
 ↓
音が浮いた感じで、更に自信なく聞こえる
 ↓
もっと自信がなくなり・・・

ということでした。
以前か指摘はされているのですが、なかなか治らない。

先生からのアドバイス。
そんなときは、「この音は決める」と思える一音をピックアップしておいて
その場面にきたら完璧に決める。
その完璧を少しずつ増やす感じ進める。

なるほど。なるほど。で、30分のレッスン終了です。

ところで、きょうは譜面台の位置がいつもよりずれており、
そのことで、元々部屋にある全身鏡に自分の姿が映ります。

とってもカッコ悪い。
イメージしているバイオリン弾きの姿とは違う。
どこかに変な力が入っているのか、妙な構えだ。
他人から見るとそうでもないのか、先生から注意されたことはない。

こんど自宅にも全身鏡購入してみようと思います。
実際に見ないと直せない気がします。





レッスン内容 | 【2017-06-29(Thu) 01:30:36】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
[報]2017/07/24レッスン内容(子供達)
本日娘は中体連のためレッスンお休みです。

[息子]
Bowing:
本日も肩甲骨を意識?した弓運について確認しました。
早い弓で、肘より先しか動かなくても、肩甲骨を意識するよう指導されていました。
あと、Bowingだからってただ上下するんじゃなくて、頭の中で拍をるようにと。

Sevcik1:
左手の指で強く押え→少し抜いて→ぱっと離すを繰り返し練習しました。
Sevcikをビブラートで。

Sevcik8:
3ポジションに移動した場合、左手の親指をこれまでは
水平にする感じでしたが、きょうは親指をくっと突き出し
握る感じにフォームをチェンジしました。
初めてなのでなかなかうまくいかないようでしたが
耳の悪い私でも、その音の違いにに驚きました。
→自分もやってみようかなと

Sevcik9:
重音のポジション移動も同様に親指を突き出し握る感じに。
奏法の変更はためらったらだめ、まずやってみる。合わなかったら戻せばよい。
日々進化させるつもりで取り組むこと。

Scale:
本日から、3度の重音でのスケール。
指導内容が難しくて私には理解できなかったですが
よく弾けていたと思います。

Mazas:
息子のにがてなトリル。
きょうは、トリル全開の後に、拍がちゃんと取れなくなるという現象に陥る。
手首のリラックスが足りないし、そもそも3/4拍子を忘れてる。

曲:
引き続きヘンデルのソナタ
ポジション移動を変えられたためか、力が入っているようで、大変そうでした。

レッスン内容 | 【2017-06-24(Sat) 18:40:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
[悩み]レイトスターターなのか、センスがないのか、こつこつ練習しても上達が遅い
息子・娘(中学生)の中間試験も終わり
若干時間に余裕がでできたようですが、まったくバイオリンの練習をしていません。
ずーっとスマホをいじっている。

少しは練習すればというと、返事はかえってくるのですが
行動にはでません。

「じゃーお父さんしばらく練習で使うからね」といってみたものの・・・

その後、息子がTVを観に私の練習エリアに近づいたので
「ちょっと、お父さんの曲、弾いてみな~」
といったところ
一発で初見で弾き切られました。完敗(?)。

息子曰く「今の音階練習よりかんたん」

弾かせた曲は葉加瀬の短め曲ですが、初見で弾かれて
悔しくて息子を褒めてやるの忘れてました。

毎日、こつこつ練習しても、遠く及ばないことはあるんだなー

でも
でも

あきらめないで、地道に頑張ろうと思いました。

でも
バイオリンに関しては
ウサギとカメの話しは、なんの教訓にもならない

以上

日記 | 【2017-06-22(Thu) 10:39:19】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
[悩み]やっぱり裏拍で入れないし
本日は、久々にアンサンブルの練習でした。
7月末のミニ発表会に向けて、ソロの他にアンサンブルも出演です。

音楽教室に通っていると、普通は個人レッスンなんで
他の方との交流ってのが少ないのですが

発表会を起点に編成されるアンサンブル隊が結構楽しいのです。
あと、ほかの方がどれほどの技量なのかってのもわかります。

しかし、ひとつ残念なのが、集まるメンバーがほぼ固定されてくるところ。
発表会、アンサンブルとなると敷居が高いと感じられるかたも多く、
敬遠されます。

私も、こんなレベルで出てよいのかと悩むのですが
やってみると、大変なことも多いですが、それはそれでソロとは違う発表会の楽しさがあります。
例えば、打ち上げとか。

今のところ、アンサンブルをやらない理由がないです。
みなさんやりましょう。

で、久々集まったメンバーなんですが、一応パート分けされて譜面は事前にもらっているのですが
私には一つ懸念材料が。

自分のパートには裏拍で入るところがあるんです。

これが、素人には難しい。入れたとしても、その後他のパートと同期できないのです。

家ではメトロノーム相手に何とかなるんですが、実際はリズムやタイミングで入るというより
他のパートの音をちゃんと聞いて「ここだ」ってところで入るのがベストです。

ということで、みんなの足手まといになりながらも、
頼み込んで弱点部分は教科していただきました。

私以外のメンバーはみんな最寄駅近くにあるアマチュアオケに所属したらしく
さらにそこが結構厳しいらしく
相当練習しているようです
そんなことだから、ひさびさのアンサンブル、みんなのレベルが上がり過ぎて
すごかったー

大人のヴァイオリン教室 | 【2017-06-20(Tue) 00:52:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
[報告]子供のレッスン 2017/06/17(土)
2017/06/17(土)の子供達のレッスン内容です
娘が部活があるってことで順番がいつもと逆です。

[娘]
調弦:
いつも完璧です。自分はチューナーを使わないと調弦できない。
娘はピアノから「ラ」をもらって調弦できます。
ヴァイオリン弾きとしては当たり前なんですが自分はできないので羨ましい。
調弦の大切さはわかるのですが、短時間のレッスンでは調弦のレッスンはできない。
でも、子供達も「調弦」を教えてもらうなんてなかったかも。

Bowing:
弓の毛の右側だけで弾く癖がついている(弓を巻き込む感じ)ため、その修正を行いました。
しかし、毎日の自宅練習で身に付けるものなので、それをやらない娘にとっては難題です。

Sevcik:
本日セブシックはすべてやってないです。

Scale:
ここでもやっぱり先生は弓が気になっています。
分散和音のハイポジションのフィンガリングを間違い過ぎなので、先生、不機嫌になりつつあります。
あと、音程がダメ。許容範囲外。
練習やってないのでダメなんですが、音感が良いとか、絶対音感があるとか言われても
曲の中では気が付かないものなんでしょうかね。音感の無い私はいつも疑問です。

Mazas:
弓がきになってしょうがない先生。直す気のなう娘の戦い、ここでも。
毛のあたりっぷりで音量が全然違うから、それをわかってくれという先生。やる気のない娘。悲しい戦い。

曲:
「ポジションは何」って質問に即答できない。
指が若干長いので、無理に伸ばして弾いてしまう。それをやるとその先の音が苦しい。
何ポジションかなんてまったく気にしていない、娘。

[息子]
調弦:
娘が調弦した後なので、まったくなし。

Bowing:
最近、軽い弓と思い弓の練習テーマです。
特に軽い弓は、弦に触れるか触れないかの微妙タッチで、息子は超苦手。
思い弓は、肩甲骨から弾くイメージで、と言わるけど私もよくわかりません。

Sevcik:
なしです。

Scale:
きょうで基本的な音階が一周しました。
きっとまともに練習している人たちからすると、かなり遅い方だと思います。
しかし、途中で辞めなかったのでこの日を迎えることができました。
そういう意味では、本日特別な日です。・・・小野アンナ教本始めて何年かかった?
使い込んでいるので、かなりボロボロです。
次回から3度の音階になります。

ヴァイオリン音階教本 <小野アンナ>

MAZAS:
トリルがたくさん入った曲で、本人にはすごく苦手意識があります。
先生もそれをわかっていての指導になっています。
レッスンの前日だけでなく、毎日すこしでも練習してくれればと思うのですが。

曲:
引き続きヘンデルのソナタです。
強弱記号を大切にということとBowingで損している部分があるので注意。


レッスン内容 | 【2017-06-17(Sat) 13:44:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。